香港仔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯22度14分52秒 東経114度09分06秒 / 北緯22.24778度 東経114.15167度 / 22.24778; 114.15167

香港仔
Harbour of Aberdeen.jpg
繁体字 香港仔
英語
英語: Aberdeen

香港仔(ヒョンゴンジャイ、アバディーン)は香港香港島南岸にある地域で、南区に属する。アバディーン・ハーバーは香港仔との間にある港である。香港仔は、伝統的には香港仔の町、黄竹坑と鴨洲からなる地域の総称であるが、時には香港仔の町だけを指すこともある。

港の上に住んでいる蛋民と、珍寶王國(ジャンボキングダム)のような海上シーフードレストランのために観光客によく知られている。蛋民の多くは水産業に携わっており、港の上のボートで暮らす数十人の移民もいる。

名前[編集]

海上レストラン・珍寶王國

かつては「石排湾」と呼ばれていた。1845年、当時のイギリス外交大臣アバディーン伯ジョージ・ハミルトン=ゴードンを記念してアバディーンと名づけられた。

香港の名前の起源は香港仔であろうと考えられている。明朝期の地図には、鴨洲上に「香港村」という地名が書かれている。黄竹坑に囲まれたもう一つの村「香港圍」は、乾隆帝時代に設立された。香港は「香りの港」を意味し、新界の香木「蜜香樹」は中国の他の都市に輸出するためにここへ移された。

日本統治時代は、香港の起源だからということで「元香港」と呼ばれていた。

海洋公園から見たアバディーン・ハーバー。中央の島が鴨洲。鴨洲と右の香港仔の町の間がアバディーン・ハーバーである。

登場作品[編集]

外部リンク[編集]