飯島多紀哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯島 多紀哉(いいじま たきや、男性、1965年7月31日 - )は日本のゲームクリエイターゲームシナリオライター小説家東京都出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。既婚、三児の父。本名および旧ペンネーム飯島健男(いいじま たけお)。

略歴[編集]

1982年、日本大学藝術学部入学。映画学科の演技コースに所属し、高校生も含むコントグループで活動していた。テレビ番組の「お笑いスター誕生!!」への出演も決まったが、直前にメンバーの高校生が学校から厳重注意を受け、グループは解散となった。

1986年の大学卒業後は、光栄(現:コーエー)のアルバイト経験を経て、同社に入社。歴史シミュレーションゲームの制作に携わる。

1987年、一年間勤務した後、光栄(現:コーエー)を退職。元同僚・友人らとともに新会社ブレイングレイを設立、同社の代表取締役に就任。同年秋、ザッピング・システムをゲームに取り入れた作品『抜忍伝説』にてデビューする。

1988年、代表作である『ラストハルマゲドン』を世に送り出す。同作品の大ヒット後、活動方針の相違によりブレイングレイを退職し、新会社パンドラボックスを設立。著作活動を活発化させる。以後の経緯はパンドラボックスの項を参照のこと。

2001年、自社ブランド『パンドラMAXシリーズ』失敗により、すべての創作活動を休止。親戚の勧めでインドネシアに渡航し、翻訳業に従事していたが、長男が日本での就学を希望したことを機に帰国。帰国後はゲーム学校の講師に就き、再始動の準備を進めていた。

2006年、『四八(仮)』のシナリオライターとして、公に姿を現す(当初はイニシャルであるT.I名義)。ペンネームを飯島多紀哉に改め、休眠状態にあったパンドラボックスの版権を受け継ぐ新会社シャノンを設立する。

また、他社にシナリオのみを渡し、制作を委託するという構造に限界を感じ、シャノンと同時期に設立した同人サークル七転び八転がりを軸にインディーズ作品を順次送り出している。

現在リリースされているのは飯島のシナリオの中でも評価の高い『学校であった怖い話』の世界を引き継いだ『アパシー・シリーズ』。2007年夏に発表された『アパシー 学校であった怖い話 〜Visual Novel Version〜』、同年冬に発表された『アパシー ミッドナイト・コレクション vol.1』は両作品ともに1万本を越える売り上げを記録した。

代表作に『ラストハルマゲドン』『BURAI』『ONIシリーズ』『学校であった怖い話』『四八(仮)』など。

ゲーム作品[編集]

飯島健男名義[編集]

PC-8800シリーズ[編集]

  • 抜忍伝説 翼を持った男たち(原作・シナリオ)
  • 抜忍伝説 番外編 闇からの訪問者
    ブレイングレイに直接ハガキを送るともらえた。マップ等は抜忍伝説と同様。
  • ラストハルマゲドン(企画・シナリオ)
  • BURAI上巻(シナリオ・ゲームデザイン)

PC-9800シリーズ[編集]

  • BURAI下巻(シナリオ)
  • パンドラボックス劇場
  • ウルフィッシュ・ギャロップ
  • クーリア
    ソフトベンダーTAKERU専用ソフト。元々は新雑誌刊行のために作られた小説だったが、新雑誌自体が創刊直前で消滅したためTAKERU限定となった。その後、同人誌『センスオブワンダー』で一部が再収録されている。

FM-TOWNS[編集]

ファミリーコンピュータ[編集]

ゲームボーイ[編集]

スーパーファミコン[編集]

PCエンジン[編集]

メガCD[編集]

NINTENDO64[編集]

PlayStation[編集]

飯島多紀哉名義[編集]

PlayStation 2[編集]

ニンテンドーDS[編集]

同人作品[編集]

  • アパシー 学校であった怖い話2008

著作[編集]

小説[編集]

エッセイ[編集]

  • 『ゲーム業界白書』(アスキー)

その他[編集]

  • 『ジャパネスク RPG幻想辞典 日本編』(ソフトバンク)
  • 『コンピュータRPGの作り方 世界設定・システム編』(マイクロデザイン)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]