飯塚朋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯塚 朋子(いいづか ともこ、1979年5月22日 - )は、大阪市出身の元マウンテンバイクレース(以下、MTB)のダウンヒル(以下、DHI)、フォークロス(以下、4X)選手で、現在は日本競輪選手会大阪支部所属の女子競輪選手

来歴[編集]

関西鍼灸短期大学出身。

2003年よりMTB活動を開始。

2005年

  • ナショナルランキング 3位

2006年

  • ナショナルランキング 1位

2007年

  • ナショナルランキング 3位

2008年

  • アジアMTB選手権・DHI 2位
  • ナショナルランキング 1位
  • ジャパンシリーズランキング 1位

2009年

  • ナショナルランキング 1位
  • ジャパンシリーズランキング 1位

2010年

  • ナショナルランキング 2位
  • ジャパンシリーズランキング 2位

上記の通り、国内大会におけるDHI、4Xの両種目では日本トップクラスを維持し続けたが、一方で、日本人選手として初めて世界選手権自転車競技大会のDHIで銀メダルを獲得した末政実緒の存在が大きく立ちはだかり[1]全日本マウンテンバイク選手権大会では『万年2位』に甘んじた。

2012年に女子競輪が復活(同年7月予定)する話を受け、DHI、4X選手としては引退することを決意。2011年2月25日、競輪学校第102回生(女子第1回生)試験に合格した[2]。同校在校競走成績は0勝で第30位[3]2012年5月1日、日本競輪選手会大阪支部所属の競輪選手として登録された。同年7月24日、松戸競輪場でデビューし5着。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 末政は全日本選手権ダウンヒルで2011年現在12連覇中。
  2. ^ 日本競輪学校女子第1回生徒入学試験合格者名簿
  3. ^ 競走成績戦法別一覧表 (PDF) - KEIRIN.JP