風間栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1948年

風間 栄一(かざま えいいち、1916年2月19日 - 2001年5月8日)は、新潟県出身のアマチュアレスリング選手。日本レスリング界の第一人者として知られる。

人物[編集]

新潟商業学校から早稲田大学に進み、第1回全日本選手権でライト級を制覇。

1936年ベルリンオリンピックにも出場して5位入賞を果たす。

1938年には全日本学生選抜として米国を遠征し、12戦全勝を残す。

一方、国内でも2階級に渡り全日本10度の優勝を達成。

その間、戦争により選手活動中断に追い込まれるが、戦後の1948年に地元に戻り選手活動の傍ら新潟商業高校・新潟高校で指導に当たる。

1953年引退。

その後、新潟県アマチュアレスリング協会会長、新潟県体育協会副会長を務め、1964年の東京オリンピックで日本代表監督を務め、金メダル5個をもたらす。

1987年から1989年まで日本レスリング協会会長も務めた。

2001年5月8日逝去。享年85。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]