顔振峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
顔振峠
標高 500 m
所在地 埼玉県飯能市長沢
位置 北緯35度55分35.5秒 東経139度14分44秒 / 北緯35.926528度 東経139.24556度 / 35.926528; 139.24556座標: 北緯35度55分35.5秒 東経139度14分44秒 / 北緯35.926528度 東経139.24556度 / 35.926528; 139.24556
通過する交通路
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
埼玉県道61号標識
埼玉県道61号越生長沢線 · 関東ふれあいの道 · 奥武蔵グリーンライン
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

顔振峠(こうぶりとうげ)とは、奥武蔵の東部、埼玉県飯能市越生町にあるである。標高500m。峠には茶屋があり、奥武蔵グリーンライン関東ふれあいの道の休憩場所として賑わう。峠から東に徒歩10分ほどのところに展望台があり、晴れた日には新宿の高層ビルなどが見渡せる。

名前の由来[編集]

峠にある案内板によると、平安時代源義経が京落ちで奥州へ逃れる際、あまりの絶景に何度も振り返ったため、また、その際のお供の武蔵坊弁慶があまりの急坂に顔を振りながら登った等が名前の由来になったと説明されている。

地元近辺の住人は、顔振(こおぶり)や(こうぶり)、(かあぶり)と呼ぶ人が多い。新編武蔵風土記稿では、「カハブリ峠」と表記されている[1]

トピック[編集]

2001年から毎夏、峠の南斜面で風影(ふかげ)サンセットコンサートという手作りのコンサートが行われている。催し前に人を募って下草刈りや会場の設営などを行い、サックス坂田明などが来訪して野外コンサートを行っている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]