青森県立郷土館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 青森県立郷土館
Aomori Prefectural Museum
Aomori Prefectural Museum.jpg
施設情報
正式名称 青森県立郷土館
専門分野 総合(考古・自然・歴史・民俗・美術等)
管理運営 青森県教育委員会
開館 1973年昭和48年)[1]
所在地 030-0802
青森市本町二丁目8-14
プロジェクト:GLAM

青森県立郷土館(あおもりけんりつきょうどかん、Aomori Prefectural Museum)は、青森県青森市本町にある県立の博物館である[1]明治百年を記念して設立計画が立てられた。1973年昭和48年)に開館した[1]

収蔵・展示[編集]

古文書や青森市三内丸山遺跡の出土品など2017年(平成29年)約10万点を所蔵している[1]

主要な収蔵・展示は、重要文化財に指定された青森市三内丸山遺跡の出土品、遮光器土偶で知られるつがる市亀ヶ岡遺跡、八戸市是川遺跡をはじめとする考古分野に豊富な資料を有する。ほか、世界遺産に登録された白神山地などの自然分野、歴史分野、民俗分野、産業分野などがある。

美術品の多くは2006年7月13日に開館した青森県立美術館へ移管された。

展示室構成は、以下のとおり。

考古展示室
…青森県内で出土した旧石器時代から、縄文弥生時代までの遺物を展示。
自然展示室
…青森県内の動植物・鉱物・化石などを展示。
歴史展示室
…青森県に関する古墳時代から現代までの資料を展示。古墳時代から中世までの出土資料のほか、近世以降の絵馬や工芸品も展示している。
民俗展示室
…青森県の伝統的な庶民の生活に関わる資料を展示。農林漁業の道具をはじめとして、祭りや民間信仰にかかわる資料も展示。
りんごと青森県展示室
…青森県のリンゴ栽培にまつわる資料を展示。
郷土学習室:わくわくたいけんルーム
…資料に手で触れることができるほか、映像視聴などができる学習室。
輝いた郷土の先人展示室
棟方志功今純三淡谷のり子など、郷土の先人に関する資料を展示。
風韻堂展示室
…亀ヶ岡遺跡出土資料を中心とする「風韻堂コレクション」の資料を展示。

建物[編集]

建物のうち正面玄関から向かって左側の棟は、1931年築の旧第五十九銀行青森支店、のちに旧青森銀行本店となっていた。この部分の建物は、国の登録有形文化財となっている。

交通[編集]

  • JR東日本/青い森鉄道青森駅から徒歩20分。タクシーでは5分。または、同駅から青森市民バス (八洲交通)青柳線県立中央病院行きに乗車、本町五丁目バス停で下車し、徒歩1分。
  • あおもりシャトルdeルートバスねぶたん号

  新青森駅前東口3番乗り場より、棟方志功記念館行きにて約30分。県立郷土館前下車。すぐ。※青森市市民バス(八州交通)青柳線本町5丁目とは併設していない。

青森駅前7番乗り場より、棟方志功記念館行きにて約10〜15分。県立郷土館前下車。すぐ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “県立郷土館、休業へ 8月末から収蔵庫改修 年度内予定”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 青森全県版. (2017年4月16日) 

外部リンク[編集]