青梅市連続障害者暴行・恐喝事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青梅市連続障害者暴行・恐喝事件(おうめしれんぞくしょうがいしゃぼうこうきょうかつじけん)は、2008年東京都青梅市で発生した、未成年者グループによる知的障害者を標的にした一連の事件。同年8月22日に、所轄の青梅警察署より「被疑者9名中8名を逮捕、残り1名は補導(児童相談所送致)」と発表された。

本事件は少年犯罪のため、加害者の名前は仮名で表記し、被害者についてもプライバシーの観点から仮名で表記する。

被疑者について[編集]

事件当時全員未成年であるため、少年法などの規定に基づき実名公表は控える。犯行グループは、A(16歳・無職)、B(16歳・とび職)、C・D・E・F・G・H(14歳-15歳・中学生)、I(事件当時13歳、身柄確保時14歳・中学生)の各容疑者。

概要[編集]

警察当局の調べによると、犯行グループは2008年1月、青梅市河辺町9丁目の路上で、自転車で現場付近を通りがかっていたJ(20歳)に対し、「タイマンしろ」、「ガンをつけるな」などと言いがかりをつけ近くの公園に連れ込み、Jを暴行。直後にJが知的障害者だと判断すると、現金8万円を奪った疑い。

さらに後日、Jを呼びつけ、携帯電話を強奪し、「携帯電話を返してほしければ金を持って来い」と脅し、現金1万円を騙し取った疑い。

また、別の知的障害者(K・15歳)や中学校の特別支援学級所属生徒(Lさんにも暴行を加えたり、他数名(M、N、O)に対しても暴行した疑い。

他にも、暴行した相手に対して「痛いですか?」などとインタビューごっこでふざけたり、罪隠し、口止めのため、被害者に「犯行グループを猫パンチ[1]」させて罪の相殺を図った疑いもある。

被害者は計6名、13歳-20歳で全員男性とみられる。

犯行動機など[編集]

逮捕直後の供述で、犯行グループは「自分達より弱い人を狙った」、「障害者をいじめて何が悪い」などと開き直り、反省の色は見られなかった。彼らは青梅市内のゲームセンターの遊び仲間だった。

犯行グループは、ゲームセンターなどでの遊ぶ金欲しさに犯行を繰り返したとみられ、被害者から脅し取った金は、ゲームセンターや健康ランドでの豪遊などに使っていたとみられる[要出典]

学校側の対応[編集]

犯行グループが通っていた中学校は、報道陣による本事件についての取材を実質拒否した。取材拒否にしたことについて、一部で隠し事の疑いも指摘されている[要出典]

また、特別支援学校青梅学園の関係者は、本事件について「あってはならない事」の旨のコメントを発表した。

処遇[編集]

2008年8月23日現在未定(程度にも依るが、家庭裁判所少年審判のみで完結(被害者や一般市民に閉ざされた状態で裁判が終わる)する可能性もある)であるが、犯行グループは「障害者に対する差別偏見を持って犯行を繰り返すなど、社会的影響は重大」(検察官送致が妥当なケース)と判断する法曹関係者や一般人も多いと思われ、重罰に処される可能性もある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 威力の弱いパンチ。某新聞社の記事より[要出典]

外部リンク[編集]