霞城 (信濃国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
霞城
長野県
霞城(大室城)の石垣
霞城(大室城)の石垣
別名 大室城
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 大室氏
指定文化財 なし

霞城(かすみじょう)は長野県長野市にあった日本の城

概要[編集]

現在の長野市松代町大室付近の豪族、大室氏の居城であった。
敵が攻めてくると、霞がかかったように見えなくなることからこの名がある。
大室氏は武田氏滅亡後、織田信長の家臣、森長可に仕えた。しかし森長可は本能寺の変で後ろ盾を失って撤退したため大室氏は上杉景勝に従う。その後、上杉氏の会津移封後、大室氏も会津に移った。
現在は、主郭部付近に石垣が残り、保存状態も良好。この付近でこのように堅固な石塁が残る山城は他に鞍骨城鷲尾城雁田城と数えるほどで珍しい。また近くには大室古墳群があり、前方後円墳が城郭の一部になっている珍しい城である。

関連項目[編集]