雷軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雷軍
プロフィール
出生: (1969-12-16) 1969年12月16日(50歳)
出身地: 中華人民共和国 湖北省仙桃市
職業: 小米科技会長CEO
各種表記
拼音 Léi Jūn
テンプレートを表示

雷 軍(らい ぐん、レイ・ジュン、拼音: Léi Jūn1969年12月16日 - )は、中国の実業家。エンジェル投資家小米科技創業者会長CEO金山軟件有限公司董事長取締役会長)である。

来歴[編集]

1969年12月16日に湖北省仙桃市に生まれる。1987年,沔陽中学(現湖北省仙桃中学)を卒業後、同年武漢大学電器計算機学部に入学する。[1]

在学中にシリコンバレーでの創業者の話をまとめた「fire in the valley」に影響を受け、IT企業を起業しようと決意する。[2]

1992年に23歳で中国IT企業金山軟件有限公司に入社し、1998年8月,金山公司の総経理(取締役社長)に就任。 2007年12月20日、金山CEOを辞任する。

2010年4月、雷軍はGoogle中国工程研究院元副院張林斌、モトローラ北京研发中心元高級総監周光平、北京科技大学工業設計学部元主任劉德、金山词霸元総経理黎万強、マイクロソフト中国工程院開発元総監黄江吉、Google中国高级产品元経理洪峰の6人で小米科技を創設した。

さらに、2011年7月、彼は金山軟件有限公司社10.3%の株を獲得し、筆頭株主になった。半年後、創立者兼会長(当時)を引退させて自ら会長となった。 [3]

2011年8月に自らのブランドである小米手机を発表した。それ以後、小米1S、小米2、小米2S、小米2A、红米手机、红米Note、小米盒子、小米3、小米电视、小米路由器、小米移动电源、小米随身wifi、米键などの製品を発売している。

また、雷軍はエンジェル投資家としても有名であり、これまでに卓越网、逍遥网、尚品网、乐讯社区、UC优视 、多玩游戏网(欢聚时代)、拉卡拉、凡客诚品、乐淘、可牛、好大夫、长城会など20を超える企業に投資し、エンジェル基金を設立している。[4]

Xiaomiスマートフォンを発売してから、雷軍氏がジョブズ流経営を研究、ジョブズ流プレゼンを丸ごとまねた。特に、発表会での喋り方、間の取りかた、歩き方、黒シャツにブルージーンズのような服装まで、ジョブズを徹底的に模倣した。この戦略で功を奏して、マスコミとユーザーの間に「中国のスティーブ・ジョブズ」と呼ばれるようになった。[5]

栄典[編集]

  • 1998年武漢大学の名誉教授
  • 1999年2000年2002年、《中国青年报》などのメディアにおいて「中国IT业十大风云人物」に選ばれる。
  • 2003年中関村の優秀経営者に選ばれる。
  • 2013年3月、米国《フォーチュン》誌の「ビジネス・ルールを変えた11人の開拓者」に中国人として唯一、選出される。

脚注[編集]

  1. ^ http://renwu.hexun.com.tw/figure_704.shtml 雷軍-人物頻道-和訊網
  2. ^ 百度百科より引用
  3. ^ http://chaimaga.com/archives/1907 XIAOMIの創立者兼CEO雷軍氏 “中国のスティーブ・ジョブズ”になる道
  4. ^ 百度百科より引用
  5. ^ http://chaimaga.com/archives/1907 XIAOMIの創立者兼CEO雷軍氏 “中国のスティーブ・ジョブズ”になる道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]