零度のエクリチュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

零度のエクリチュール』(れいどのエクリチュール、: Le Degré zéro de l'écriture)は、1953年フランスの文学研究者ロラン・バルトにより著された研究をさす。

フランスのシェルブールに1915年に生まれたバルトは、30代になってから国立科学研究センター、高等学術研修院、コレージュ・ド・フランスでの研究教育に従事し、本書『零度のエクリチュール』を初めて執筆した。フランスの言語学者フェルディナン・ド・ソシュールの構造主義的な言語理論を一部導入した文学理論を提唱し、さらに構造主義という立場から従来とは異なる文学研究の方向性を示した。本書は1947年から1951年にかけて雑誌『コンバ』で掲載された論文をまとめたものであり、1953年にパリで出版された。

ソシュールは、言語において社会の中で暗黙裡に了承されている一般的な約束であるラング(言語体)の側面と、その約束に基づいて一回的に発信される言語行為であるパロール(発話)の側面を区別する。バルトはこのソシュールの言語理論を受け入れながらラングの概念を導入し、新たにスティル(文体)の概念を定義する。バルトによれば、ラングはソシュールが定義したように言語話者にとって世界の一部として認識されており作家の創作をとりまく環境そのものをさす。一方でスティルとは個々人が独自の経験によって形成した言語感覚を指している。さらにバルトは自身の理論で重要な概念であるエクリチュールをラングとスティルの概念から説明する。エクリチュールとは作家が言語活動においてラングとスティルを乗り越えながら選び取るものであり、書くという行為そのものへの態度をさす。これには社会制度としてのラングへの態度が含まれており、同時に社会そのものへの態度も内包される。

バルトは文学研究において、このような作家の態度を持ち出しながらフランス文学史について述べる。バルトによれば、フランスでエクリチュールが重要な問題となってくるのは17世紀中盤以後となる。それ以前は統語法が確立されていなかったが、絶対主義王政のもとで主にブルジョワジーにより国語の体系が確立され、フランス語はラングとなった。ここにブルジョワによるエクリチュールの支配が完成し、フランス革命後もブルジョワ的なエクリチュールは維持されていた。しかし19世紀になって資本主義が成立するとブルジョワ的エクリチュールは優位を喪失し、その後の現代の作家たちは自らのエクリチュールを選択することが必要となったとバルトは論じた。

書誌情報[編集]