雨宝童子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木造雨宝童子立像(三重県伊勢市・金剛證寺所蔵、重要文化財)、平安時代の作。

雨宝童子(うほうどうじ)は、天照坐皇大神の化現である。

頭上に五輪塔を掲げ、右手に金剛宝棒を持ち、左手に如意宝珠を持っている。

天照坐皇大神が日向に下生した時の姿と伝わる。又、大日如来の化身という説もある。

金剛証寺長谷寺に祀られている。

外部リンク[編集]