隣人愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

隣人愛(りんじんあい、Nächstenliebe )とは、他の人々を助ける行為を指している。ここでの「」は、共にいる人々の幸せに向けた、あらゆる自主的で非利己的な気持ち・意志からの行動が含まれ、同情を示すことに限らない。「隣人」は、ある差し迫った事態に遭っている各人である。

この用語は、ユダヤ教トーラーにある戒律レビ記19章18節統一訳[1])に由来している。

あなたは人々という子らに仕返しをし、恨みを懐いてはならない。あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい。わたしはである。

またナザレのイエスによるトーラー解釈を通じて、隣人愛はキリスト教の中心概念となり、これは古代倫理において正義に並ぶ基本的価値となった。

隣人愛は今日、社会的地位や利得を顧みず他者に無私で関わること(利他主義)と、ほぼ同じである。これは「共苦に伴うもの」ではなく、「他人に価値があると思い、それに努めること、親切心によって決まる他者との関係」のことである。[2] 隣人愛に当てはまる社会的な決まりや規範は、たいていの宗教や哲学において、倫理的な基本動機いわゆる黄金律として定められており、また人の行動としてあちこちに見られるものである。

参照出典[編集]

  1. ^
  2. ^ Georgi Schischkoff: Philosophisches Wörterbuch, 22. Auflage, Kröner, Stuttgart 1991, S. 500.