陳伯謀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陳 伯謀(ちん はくぼう、生年不詳 - 583年)は、南朝陳皇族。桂陽王。文帝陳蒨の十三男。は深之。

経歴[編集]

陳蒨と孔貴妃のあいだの子として生まれた。568年光大2年)7月、桂陽王に封じられた。575年太建7年)、明威将軍となり、佐史を置いた。まもなく信威将軍・丹陽尹となった。578年(太建10年)、侍中の位を加えられた。持節・都督呉興諸軍事・東中郎将・呉興郡太守として出向した。579年(太建11年)、散騎常侍の位を加えられた。583年至徳元年)、死去した。

子の陳酆が後を嗣ぎ、大業年間に番禾県令となった。

伝記資料[編集]