陰維脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

陰維脈(いんいみゃく)は経絡の一つ。諸陰の交に起こる。足の少陰の築賓穴に発する。陰維の郄穴と為す。内果の上5寸、腨肉分中にあり、上って股の内廉を循り、上行して小腹に入る。府舎穴で足の太陰、厥陰、少陰、陽明と会す。上って大横穴、腹哀穴で足の太陰と会し、脅肋を循って期門穴で、足の厥陰と会す。胸膈を貫き咽に上り、天突穴、廉泉穴で任脈と会し、上って頂前に至って終わる。

築賓→衝門→府舎→大横→腹哀→期門→天突→廉泉

宗穴-内関 郄穴-築賓

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]