帯脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帯脈(たいみゃく)は、経絡の一つ。季脅に起こり、足の厥陰章門穴と足の少陽帯脈穴を循り、身を囲して一周して束帯然の如し。また五枢穴維道穴で足の少陽と会す。

章門穴→帯脈穴→五枢穴→維道穴

宗穴-足臨泣穴

関連項目[編集]

外部リンク[編集]