阿豺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿豺(阿柴、あさい、? - 426年)は、中国五胡十六国時代青海地方に蟠踞した吐谷渾の族長で、本姓は鮮卑慕容氏

兄の樹洛干が417年に死ぬと、その跡を襲った。自ら驃騎将軍・沙州[1]刺史と号し、周辺の族を征服し、大いに版図を広げた。

また、南朝朝貢を行い、誼を通じた。南朝宋から澆河公に封じられたが、まだ爵を受けないうちに急病で死去した。

阿豺は死の床にあって、後継者として従弟で同母異父弟(叔父の烏紇提の子)にあたる慕璝を指名した。死後、一族の間で争いが起こるのを恐れ、自らの20人の子を呼び寄せると、1人1本ずつの矢を出させた。20本の矢を受け取った阿豺は、そのうち1本を慕璝の弟である慕利延に渡し、折ってみるよう命じた。矢はたやすく折れた。今度は残りの19本を束ねて渡して折らせたが、矢は折れなかった。そこで「お前たち分かったか。一本では折れやすいが、集まればくじき難い。皆が心を一にして力を尽くしてこそ社稷を堅固にすることができる」と諭したという。

次の慕璝の代に、吐谷渾は南朝宋だけでなく北魏とも朝貢関係を保ち、勢力はさらに拡大した。

参考資料[編集]

  • 北史』吐谷渾伝(列伝第八十四)

脚注[編集]

  1. ^ 史書によれば、西涼の支配下にあった沙州を指すのでなく、領内に周囲数百里に及ぶ砂漠があったため沙州と称したという。

関連項目[編集]