阿波勝哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿波 勝哉(あわ かつや、1973年4月18日 - )は、東京都練馬区出身の競艇選手。登録番号は3857。

経歴・人物[編集]

  • 1996年に多摩川競艇場でデビュー、初優勝は2002年蒲郡競艇場にて。2005年に常滑競艇場で行われた笹川賞競走でSG初出場を果たした。
  • たとえ1号艇であっても、絶対に6コースに進入するほどのアウトコース一貫のアウト屋である。[1]そのアウト一筋の戦法は、インコースが絶対有利とされている競艇界では、異色であり注目されている。得意戦法はまくり。チルト角度は、出場する競艇場で許可されている最大の角度(平和島競艇場であれば3.0度)に設定する。エンジン整備においては、伸び重視という、いわば阿波仕様と呼ばれるほど、独自の整備を行っている。ちなみに、過去に阿波と同じようにチルト角度を3.0度に設定して6コースから挑んだ選手がいたが、ターンできずに転覆している。
  • トーキョーベイパイレーツのメンバー。
  • 2012年4月にプロペラの規定が変わり、選手個人の持ちペラが廃止され、競走場のモーターに備え付けられたペラを使用しなければならなくなった(オーナーペラ制度)。そのため、極端に伸び型仕様のペラを作り戦っていた阿波にとっては大きな逆風となり、B級に陥落するなど再び低迷している。

エピソード[編集]

  • スタートが命であるアウト屋ゆえに、フライングを切る本数も多く、期間にフライングを3本切ってしまった事が3回ある。(99年・03年・12年)
  • 1999年に初めて期間フライング3本を切った時は3月から9月まで、実に半年もの間、フライング休みとなった。その間、無収入となり、家のローンの支払いにも迫られていたので、阿波は5か月もの間、建設・建築関係のアルバイトとして仙台や新潟など、各地の工事現場を回って1日1万円の日当で働き続けた[2][3]
  • 2006年の笹川賞のファン投票では、阿波は選出権利がないB1級であったのにもかかわらず、全国各地の競艇場で投票用紙に阿波の名前が載っていない事への問い合わせや苦情があった。
  • 2007年3月3日から平和島競艇場において販売されている「チルトサンド(カツサンド)」は、阿波の人気にあやかったものであり、売り場にはチルトサンドを食する阿波の写真パネルが飾られている[4]。(平和島競艇場のチルト角度は3度まで設定可能で、「アワカツ」+「チルト3度」から)
  • 2008年12月27日から、平和島競艇場で「チルト3丼(サンドン)」の発売が開始された。通常は600円だが、阿波が平和島競艇場のレースに出場している期間中は、100円引きの500円となる[5]
  • 内田和男が実況する時には「6コースはもちろんこの人○号艇、阿波勝哉」とアナウンスされる。
  • ご当地平和島実況の松永良一アナの場合は「ミスターチルト3度・6コースがマイポジション 阿波勝哉」のフレーズが出だしである

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、アウト屋の先駆者である吉岡修(引退)と小川晃司に対しては、6コースを譲ると雑誌等のインタビューで公言している。大村競艇場での企画レースで、阿波、吉岡と小川が対決したときの進入は、卒業期順に6コース吉岡、5コース小川、4コース阿波となった。
  2. ^ 競艇選手リレーエッセイ「我が道6コースの魅力! 阿波勝哉」(競艇オフィシャルWeb)
  3. ^ フライング期間中の副業は許可されている。
  4. ^ はねてるアレ。(競艇ブログ)
  5. ^ 明日から「チルト3丼」を販売します!:お知らせ(平和島競艇)

外部リンク[編集]