阿左美冷蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天然氷蔵元 阿左美冷蔵
Asami reizou.JPG
阿左美冷蔵 金崎本店
本店所在地 日本の旗 日本
369-1621
埼玉県秩父郡皆野町大字金崎27
設立 1890年1月1日
業種 食料品
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

阿左美冷蔵(あさみれいぞう)は1890年創業の製氷業1992年阿左美哲男がかき氷店を開始。 現在は埼玉県秩父地方に皆野町金崎の金崎本店、長瀞町長瀞にある宝登山道店の2店舗が存在する[1]

特徴は宝登山でつくられた天然氷を使用している事。この天然氷を作るため冬場は、わき水の源流に近い高野沢地区のふもとで氷を育てている[2]

無添加の天然シロップを使っているのも特徴[3]

阿左美冷蔵 宝登山道店

阿左美冷蔵宝登山道店は、優れた景観作りに貢献したとして2009年度の「彩の国景観賞」を受賞[4]

阿左美冷蔵の氷は山の腐葉土の層を1〜2 か月間かけて通り濾過された伏流水を使用。ミネラルが豊富で、かすかに甘みもある。バブル期に新規開拓計画でゴルフ場の建設が計画されたがこの伏流水を守るため阿左美哲男は農林公社などを奔走し、清流を守りきった[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “秩父・長瀞 関東 春、でかけよう 別刷り特集”. 朝日新聞・朝刊: p. 4. (2013年3月15日) 
  2. ^ “こだわりのかき氷 天然氷のうまみと甘み 埼玉・秩父「阿左美冷蔵」”. 朝日新聞・夕刊: p. 7. (2006年6月28日) 
  3. ^ “皆野・阿左美冷蔵の天然氷 甘みほのか(土を食らう:5) /埼玉”. 朝日新聞・朝刊 : p. 30. (2004年1月7日) 
  4. ^ “[その人+1]「彩の国景観賞」など受賞の1級建築士 大江弘之さん39=埼玉”. 読売新聞・東京朝刊: p. 35. (2011年8月28日) 
  5. ^ “[命うるおう](5)秩父の味 支える伏流水(連載)=埼玉”. 読売新聞・東京朝刊: p. 31. (2012年1月6日) 
  • 朝日新聞の記事は聞蔵II、読売新聞の記事はヨミダス歴史館で確認。

外部リンク[編集]