阪神タイガース (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
阪神タイガース
29328 Hanshintigers
仮符号・別名 1994 TU14
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1994年10月13日
発見者 佐藤勲
荒木博志
安部正真
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.30 AU
近日点距離 (q) 1.86 AU
遠日点距離 (Q) 2.75 AU
離心率 (e) 0.19
公転周期 (P) 3.49 年
軌道傾斜角 (i) 3.47
近日点引数 (ω) 70.22 度
昇交点黄経 (Ω) 277.44 度
平均近点角 (M) 314.52 度
物理的性質
直径 7 km
絶対等級 (H) 14.3
Template (ノート 解説) ■Project

阪神タイガース(はんしんタイガース、29328 Hanshintigers)は、小惑星帯に位置する小惑星はやぶさの探査対象候補天体の観測の際、木曾観測所で発見された小惑星の一つ。

日本のプロ野球球団、阪神タイガースに因んで名付けられた。なお、これに先立って同じグループが発見した別の小惑星に読売ジャイアンツ(巨人軍)から取った名前を小惑星センターへ提案した際、発見者の一人でタイガースファンの安部正真は「巨人があるなら阪神も」と主張したが、同僚から「(『巨人の星』はあるが)『阪神の星』はない」と却下され、2003年に阪神がリーグ優勝を遂げたためやっと提案することを認められたという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
(29327) 1994 SV9
小惑星
阪神タイガース (小惑星)
次の小惑星:
クノベルスドルフ (小惑星)