閻柔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

閻 柔(えん じゅう、生没年不詳)は、中国後漢時代末期から三国時代におけるの武将・政治家。幽州広陽郡の人。弟は閻志(魏の上谷太守)。

若年時代の事跡[編集]

姓名 閻柔
時代 後漢時代~三国時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 幽州広陽郡
職官 烏桓司馬→(護)烏桓校尉

→度遼将軍

爵位・号等 関内侯→県侯
陣営・所属等 〔独立勢力〕→袁紹曹操

曹丕

家族・一族 弟:閻志

若い頃、烏桓鮮卑などの北方民族に捕らわれたことがある。しかし、閻柔は不思議と魅力がある人物であったのか、逆に彼ら異民族とその経緯から親密になった。その後、時期は不明だが、閻柔は鮮卑族の力を借りて烏桓校尉の邢挙を殺害し、その位を奪っている。

初平4年(193年)、劉虞公孫瓚に殺されてしまう。劉虞軍の鮮于輔らは復仇を謀り、閻柔を烏桓司馬として擁立した。閻柔は人脈を活かして、漢民族・北方民族合わせて数万の軍勢を集めたという。閻柔・鮮于輔は公孫瓚軍の鄒丹を攻撃し、これを破り斬った。その後も河北を支配していた袁紹と共同して、ついに建安4年(199年)公孫瓚を滅ぼした。

また、恐らくはこの時の共同行動がきっかけで、袁紹との関係が密接となっている。閻柔は上谷郡の寧城を拠点として、袁紹のために異民族との交渉などにあたった。

曹操への帰順後[編集]

建安5年(200年)の官渡の戦いの際に、閻柔は使者を派遣して曹操に臣従した。曹操から護烏桓校尉に任じられ、関内侯に封じられている。建安10年(205年)に曹操が南皮で袁譚を滅ぼすと、閻柔は鮮卑と烏桓を率いて参上し、名馬を献上した。その後、遼西の蹋頓らを頭領とする烏桓討伐にも従軍し、以降も引き続き寧城で異民族との交渉にあたった。建安年間には、鮮卑の大人軻比能が閻柔を通じて貢物を献上している。

曹操の死後、その後を継いだ曹丕からも、閻柔は重用されている。度遼将軍に任命され、県侯の爵位を授けられるなどした。曹操・曹丕から子や兄弟のように寵愛されたという。

なお、小説『三国志演義』には登場しない。

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書30烏丸伝、鮮卑伝 魏書8公孫瓚伝 魏書14劉放伝
  • 後漢書』列伝63公孫瓚伝