関和典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関 和典
せき かずのり
生年月日 (1967-02-24) 1967年2月24日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 青森県中津軽郡西目屋村
出身校 青山学院大学
前職 西目屋村議会副議長

Flag of Nishimeya Aomori.JPG 西目屋村長
当選回数 4回
在任期間 2006年 - 2021年1月15日
テンプレートを表示

関 和典(せき かずのり、1967年2月24日 - )は、日本政治家、元西目屋村長(4期)。

来歴・人物[編集]

1967年、西目屋村にて出生。東奥義塾高等学校青山学院大学文学部史学科卒業。1989年STT開発入社。その後、越智通雄衆議院議員秘書・木村守男衆議院議員公設第2秘書、木村太郎衆議院議員秘書を経験し、西目屋村社会福祉協議会事務局長、1999年西目屋村議会議員および副議長を務める[1]

2006年に38歳で村長選挙へ立候補し当選。2010年2014年2018年にそれぞれ無投票で当選。

不祥事[編集]

2020年12月3日、村の給食センターで使う真空冷却器の賃貸借契約をめぐり、特定の業者が落札できるように便宜を図り落札させたとして官製談合防止法違反の疑いで逮捕された[2][3]。12月24日、村発注の除雪車の入札でも特定の業者が落札できるよう予定価格を漏らし落札させたとして、同法違反の疑いで再逮捕された[4]。2021年1月14日には村立小学校の教職員用パソコン購入の入札で特定の業者が落札できるよう便宜を図ったとして同法違反などの疑いで再逮捕された[5]。同年2月8日には児童用タブレット端末の入札で便宜を図ったと見返りに現金数十万円を受け取ったとして収賄などの疑いで再逮捕された[6]

2021年1月13日、辞職届を提出[7]。1月15日、村議会の臨時会で辞職が同意された[8]

実績[編集]

公式ホームページより
  • 定住化促進住宅整備
  • こども医療費無料
  • 高校生奨学補助金
  • 妊産婦検診無料
  • 大学生・高校生奨学育英資金
  • 0歳児~5歳児保育料全額完全無料
  • 新型インフルエンザ予防接種無料
  • 保育園児無料送迎
  • 子宝・育成・奨励金
  • 乳幼児チャイルドシート無料貸出
  • 定額給付金支給(全国第一号)
  • 15種の予防接種を無料化
  • 子育て定住エコタウン(スクスクタウン)整備
  • ブナコ西目屋工場整備
  • 水陸両用バス(津軽白神号)運行

出典[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
不詳
Flag of Nishimeya Aomori.JPG 西目屋村長
2006年 - 2021年
次代:
桑田豊昭