門脇大祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
門脇 大祐
(かどわき だいすけ)
誕生 1985年5月??
日本の旗 兵庫県多可町
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2012年 -
ジャンル 小説
主な受賞歴 新潮新人賞(2012年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

門脇 大祐(かどわき だいすけ、1985年 - )は、日本小説家兵庫県多可町出身。

経歴[編集]

近畿大学文芸学部卒、法政大学大学院人文科学研究科修了。2012年に第44回新潮新人賞を「黙って喰え」で受賞。大学院で客員教授絲山秋子に小説を書く課題を出されたことが執筆のきっかけとなった[1]

作品リスト[編集]

雑誌掲載[編集]

  • 黙って喰え(『新潮』2012年11月号)
  • 蛸の夢(『新潮』2013年7月号)
  • あのひと、ネジのひと(『文學界』2014年5月)
  • 台風が過ぎたら(『新潮』2015年11月)
  • 堤の弟(『新潮』2016年5月号)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『新潮』2012年11月、受賞者インタビューより。