長尾亜夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長尾 亜夫(ながお つぐお、1943年6月1日 - )は、日本実業家。元・西日本鉄道代表取締役社長。前・西日本鉄道代表取締役会長。現・西日本鉄道相談役。

人物[編集]

福岡県出身。九州大学法学部卒業。

2003年6月から2008年6月まで約5年間にわたり代表取締役社長を務め、この間、宮地岳線の一部廃止及び貝塚線への改称、天神大牟田線のスピードアップ、非接触型ICカード乗車券nimoca」の導入などを行った。

2008年6月には、代表取締役社長を竹島和幸に譲り、代表権を有する会長に就任した[1]

2013年6月27日、会長を退任し、相談役に就任。

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ、2008年4月17日、西日本鉄道株式会社、2008年5月28日閲覧
  2. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ- 2010年4月27日 同
先代:
明石博義
西日本鉄道社長
第15代:(2003年2008年
次代:
竹島和幸