鎮目恭夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鎮目 恭夫(しずめ やすお、1925年11月27日 - 2011年7月28日 )は、日本の物理学者、評論家。

東京市(現新宿区)生まれ。鎮目和夫の弟。1947年東京帝国大学理学部物理学科卒業。科学思想史専攻、科学評論家。特にノーバート・ウィーナーを翻訳・紹介し、また人生論的な評論も執筆する。

著書[編集]

  • 『性科学論』みすず書房 1975
  • 『女に育児はまかせられない』実業之日本社・新書 1978
  • 『自我と宇宙 わが科学論』みすず書房 1982
  • 『ウィーナー』岩波書店(20世紀思想家文庫)1983
  • 『愛と生の倫理学序説 科学時代のエチカ』実業之日本社 1984
  • 『科学と読書』みすず書房 1986
  • 『心と物と神の関係の科学へ 自我の構造と人間行動の原理 20世紀科学の総合』白揚社 1993
  • 『人間にとって自分とは何か』みすず書房 1999

翻訳[編集]

  • 生命とは何か 物理学者のみた生細胞 E・シュレーディンガー 岡小天共訳 岩波新書 1951 のち文庫
  • 生命の起原 その物理学的基礎 J.D.バナール 山口清三郎共訳 岩波新書 1952
  • 自然の進化 時の矢と生物進化 ハロルド・ブラム みすず書房 1953-(現代科学叢書)
  • サイバネティックスはいかにして生まれたか ノーバート・ウィーナー みすず書房 1956
  • 歴史における科学 バナール 長野敬共訳 みすず書房 1955-1956 のち単独訳
  • 人間の知識(2巻本) バートランド・ラッセル みすず書房 1960
  • オートメーションと社会の発展 S.リリー みすず書房 1957
  • ロボット時代 P.E.クリーター 商工出版社 1957
  • 現代史における科学 バナール みすず書房 1958
  • 戦争のない世界 J.D.バナール 岩波書店 1959
  • サイバネティックスへの認識 情報理論とその展望 J.R.ピアーズ 白揚社 1963 「記号・シグナル・ノイズ」白揚社
  • 産業革命期の科学者たち J.G.クラウザー 岩波書店 1964
  • 科学と神 サイバネティックスと宗教 ノーバート・ウィーナー みすず書房 1965
  • 人類と機械の歴史 S.リリー 増補版 伊藤新一、小林秋男共訳 岩波書店 1968
  • 宇宙・肉体・悪魔 理性的精神の敵について J.D.バナール みすず書房 1972
  • J・B・S・ホールデン この野人科学者の生と死 R.クラーク 平凡社 1972
  • アインシュタイン 創造と反骨の人 B.ホフマン、H.ドゥカス 林一共訳 河出書房新社 1974
  • 人間の拡張 物理学史講義 J.D.パナール 林一共訳 みすず書房 1976
  • 人間機械論 人間の人間的な利用 ウィーナー 池原止戈夫共訳 みすず書房 1979.10
  • 人間の現象としての科学 V.F.トゥルチン 林一共訳 岩波現代選書 1979
  • 若き科学者へ P.B.メダワー みすず書房 1981.12 (2016. 7 新版)
  • 宇宙をかき乱すべきか ダイソン自伝 フリーマン・ダイソン ダイヤモンド社 1982 のち,ちくま学芸文庫
  • ケミストリーオブラブ 恋愛と脳のメカニズム マイケル・R.リーボウィッツ 産業図書 1983.12
  • 男と女の性差 サルと人間の比較 G.ミッチェル 紀伊国屋書店 1983.4
  • 神童から俗人へ わが幼時と青春 ウィーナー みすず書房 1983.1
  • 多様化世界 生命と技術と政治 フリーマン・ダイソン みすず書房 1990.5
  • セカンド・クリエイション 素粒子物理学を創った人々 ロバート・P.クリース、チャールズ・C.マン 林一、小原洋二、岡村浩共訳 早川書房 1991 副題を正題にして文庫
  • 物理学の探検 野上茂吉郎共訳 G.ガモフコレクション4 白揚社 1992
  • 発明 アイディアをいかに育てるか ノーバート・ウィーナー みすず書房 1994
  • ガモフ博士の物理講義 2 物質とエネルギー ジョージ・ガモフ 白揚社 2008

外部リンク[編集]