錦座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
錦座
Nishikiza
情報
正式名称 錦座
完成 1916年
開館 1916年11月24日
開館公演 中村吉右衛門一座公演
閉館 1973年
収容人員 1,141人
用途 歌舞伎・演劇の公演、映画上映
所在地 青森県八戸町廿八日町

錦座(にしきざ)は青森県八戸町にかつて存在した劇場である。

概要[編集]

錦座は大正5年(1916年)11月24日、西村喜助により八戸町廿八日町に建設された。総工費は当時の金額で約2万円ほどであったとされる[1] 。ルネッサンス式の建物で開場時には地元紙に「東北一の規模をほこる大劇場」と報じられ、歌舞伎役者の公演などが行われていた。

開場式にあたってのこけら落としは中村吉右衛門一座により行われている。

大正13年(1924年)の八戸大火により焼失したが、大正15年(1926年)に3階建ての劇場に再建された。その後映画館としての役割が強くなり、昭和17年(1942年)に西村喜助が死去するまで存続した。その後建物は東宝映画館として活用され、昭和48年(1973年)に老朽化で取り壊されるまで存在した。

現在、跡地には八戸第一生命ビルが建っている。

沿革[編集]

設備[編集]

錦座の設備は以下の通り。(八戸大火後の再建時)

  • 観覧席 - 1階席と2階席に分かれる。半円形で周囲をガラス窓となっていた。特等席が3円、一等席が1円。貸座布団が5銭であった。
  • 売店 - 劇場1階に置かれていた。サイダー・林檎・餅・煎餅などを販売していた。
  • 食堂 - 劇場2階に喫茶室、3階に大食堂があった。

参考文献[編集]

  • 『新編八戸市史 近現代資料編2』八戸市、2008
  • 『錦座ものがたり 西村喜助夢一代記』滝尻善英、2009

脚注[編集]

  1. ^ 『新編八戸市史 近現代資料編2』八戸市、2008、115P「奥南新報」大正5年11月28日
  2. ^ でんきのあるeはなし『旧島守発電所』 (PDF) 」 、『エネルギー情報誌 原子力だより AE』第117号、青森県庁、2013年12月、 7頁、2018年7月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]