鉄のトライアングル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鉄のトライアングル(てつのトライアングル)とは、政策形成過程における政官財政官業政界官界財界の3業界)の癒着構造を示す語。鉄の三角形、鉄の三角同盟とも呼ばれる[1]

概要[編集]

政官財が以下の行動を取ることにより、国益・国民益より省益・企業益が優先される。

  • 財界等の業界団体圧力団体政治献金族議員に代表されるような政治家を支援し、財界に影響力のある官僚天下りで懐柔する。
  • 官僚は所轄業界をまとめ、その利益代表として動き、政治家・財界を許認可権限公共事業補助金振り分けで影響力を持つ。
  • 政治家は官僚・財界の通したい予算・法案成否について影響力を行使し、財界から政治献金を集め、官僚への限定的指揮権を持つ。

日本では政官財だが、南アフリカでは政労資(財)が鉄のトライアングルを形成している[1]党議拘束の弱いアメリカでは、軍や政策形成に利害を持つ圧力団体が個々の議員を支援する事で鉄のトライアングルの一翼を担っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 南アフリカでなぜストライキは拡散したかYahooニュース 六辻彰二2012年10月27日-2018年1月7日閲覧
  2. ^ 水戸克典 加藤秀治郎岩渕美克(編) 『政治社会学』 一藝社 2013年 第5版 ISBN 9784863590502 pp.87-89.

関連項目[編集]