鈴木賢志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 賢志(すずき けんじ、1968年11月27日 - )は、日本社会科学者明治大学国際日本学部教授、スウェーデンストックホルム商科大学欧州日本研究所上席研究員。

略歴[編集]

東京都世田谷区出身[1]明治大学付属明治中学校・高等学校を経て、1992年東京大学法学部卒業。株式会社富士総合研究所(現みずほ情報総研)勤務後、イギリスに留学。1996年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士課程修了。2000年ウォーリック大学にて博士号取得。ウォーリック大学在学中の1997年にスウェーデン・ストックホルム商科大学欧州日本研究所に客員研究員として赴任、以後、同研究所で助教授、准教授。2007年にイギリスに戻り、オックスフォード大学に客員研究員として半年間赴任したのち、2008年4月より現職[2]

専門は比較制度研究。近年は北欧諸国を中心とした世界各国の政治・経済・社会制度と社会心理・国民性との関係性に焦点を当てている。

2011年10月より『ネプ&イモトの世界番付』に出演、監修も行っている[3]

著書・論文[編集]

  • Competition Law Reform in Britain and Japan: Comparative Analysis of Policy Networks (London: Routledge, 2002年)
  • 企業のステイクホルダー・リレーションズ (谷本寛治編著『CSR経営 企業の社会的責任とステイクホルダー』中央経済社, 2004年)
  • Independent Commission, Policy Networks, and Economic Reform: Japan’s Fair Trade Commission in Comparative Perspective (American Political Science Association, 2005年)
  • Policy Network for Network Policy in Japan (Ruth Taplin and Masako Wakui eds. Japanese Telecommunications: Market and policy in transition. London and New York: Routledge, 2006年)
  • Organisational Learning Capacity of Policy-making System for Financial System Recovery: the case of Sweden with some suggestions to Japan (Sten Soderman ed. Emerging multiplicity- Integration and responsiveness in Asian business development. London: PalgraveMacmillan, 2006年)
  • The Changing Pattern of Amakudari Appointments: The Case of Regional Banks, 1991–2000 (Magnus Blomstrom and Sumner La Croix eds. Institutional Change in Japan. London and New York: Routledge, 2006年)
  • スウェーデン―充実した両親休暇・児童ケア施設・子育て世帯の経済的負担の軽減(丸尾直美・的場康子・川野辺裕幸編著『出生率の回復とワークライフバランス 少子化社会の子育て支援策』中央法規出版, 2007年)
  • The Nordic and Asian crises: common causes, different outcomes (Lars Jonung, Jaako Kiander and Pentti Vartia eds. The Great Financial Crisis in Finland and Sweden. Cheltenham: Edward Elgar, 2009年)
  • Politics of Falling Birthrate in Japan (Journal of Japanese Political Science, 2008年)
  • Support for working parents: Government policies and corporate responses in Japan (Asian Business & Management, 2008年)
  • 経済成長は政府に対する信頼感を高めるか (SSJ Data Archive Research Paper Series『World Value Survey(世界価値観調査)を用いた実証研究 政治・家族編』, 2009年)
  • Are They Frigid to the Economic Development? Reconsideration of the Economic Effect on Subjective Well-being in Japan (Social Indicators Research, 2009年)
  • Does foreign investment matter? Effects of foreign investment on the institutionalisation of corporate social responsibility by Japanese firms (Asian Business & Management, 2010年)

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.323
  2. ^ 経済・社会データランキング - 管理人ご紹介”. 鈴木賢志. 2011年12月9日閲覧。
  3. ^ 【国際日本学部】鈴木賢志准教授が日本テレビ「なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付」に出演します。”. 明治大学 (2011年10月15日). 2011年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]