鈴木清三 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 清三(淸三、すずき せいぞう、1848年嘉永元年11月[1][2]) - 1925年大正14年)10月19日[2])は、日本の政治家衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

上総国望陀郡(のち千葉県君津郡富岡村富来田町平川町に分割、現在は木更津市袖ヶ浦市)生まれ[1]。久留里銀行頭取、馬来田銀行、千葉県農工銀行取締役、上総銀行監査役となる[2]

1894年3月の第3回衆議院議員総選挙において千葉7区から自由党所属で立候補して当選した[3]。衆議院議員は1期務め、同年9月の第4回衆議院議員総選挙は不出馬。1925年に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 衆議院編 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第202回』 衆議院事務局、1940年、237頁。NDLJP:1278238 
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』33頁。
  3. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』14頁。

参考文献[編集]

  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。