鈴木栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 栄一(すずき えいいち、1949年昭和24年)2月12日)は、日本外交官インドネシアデンパサール総領事等を経て、2011年からミクロネシアマーシャル諸島特命全権大使。

経歴・人物[編集]

青森県出身。学習院大学を中退して1971年外務省入省。翌1972年アイルランドトリニティ・カレッジにて研修。

1973年5月 : 在カルカタ総領事館勤務
1975年4月 : 文化事業部文化第2課
1977年8月 : 国連局専門機関課
1980年3月 : 在米大使館勤務
1983年6月 : 在バングラデシュ大使館勤務
1986年4月 : 北米局北米第2課
1989年10月 : 在サンフランシスコ総領事館勤務
1994年7月 : 在スリランカ大使館勤務
1997年2月 : 在ガーナ大使館勤務
2000年8月 : 在フィリピン大使館
2002年8月 : 経済協力局有償資金協力課企画官
2003年8月 : 経済協力局国際緊急援助室長
2005年8月 : 外務省研修所総括指導官
2008年3月 : 在デンパサール総領事
2011年1月 : 在ミクロネシア大使(マーシャル諸島大使兼任)
2014年5月27日 : 辞職[1]
2016年1月1日 : 一般社団法人霞関会事務局長[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「外務省人事(27日付)」朝日新聞2014年5月28日
  2. ^ 平成27年4月1日~平成28年3月31日内閣官房