鈴木斌 (文芸評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 斌(すずき あきら、1943年 - )は、文芸評論家。 東京生まれ。法政大学文学部日本文学科卒。日本社会文学会会員。

著書[編集]

  • 大岡昇平論 柔軟に,そして根源的に』教育出版センター 以文選書 1990
  • 『歴史認識と文芸評論の基軸』菁柿堂 2004
  • 『生きる力を与える文学 深い感動・思索の中心を読む』冬至書房 2005
  • 『文章を書く方法』菁柿堂 2005
  • 『作家・石原慎太郎 価値紊乱者の軌跡』菁柿堂 2008
  • 『老人文学論 戦争・政治・性をめぐって』菁柿堂 2011
共編

参考[編集]