鈴木憲蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Asteroids[1]discovered: 42
3165 Mikawa英語版[a] 1984年8月31日
(3178) 義経[a] 1984年11月21日
(3533) 豊田[a] 1986年10月30日
(3733) 義朝[a] 1985年1月15日
3828 Hoshino英語版[a] 1986年11月22日
(4035) 1986 WD英語版[a] 1986年11月22日
(4037) 池谷[a] 1987年3月2日
4212 Sansyu-Asuke英語版[a] 1987年9月28日
(4374) 忠盛[a] 1987年1月31日
4445 Jimstratton英語版[a] 1985年10月15日
(4488) 時忠[a] 1987年10月21日
(4538) 1988 TP英語版 1988年10月10日
(4541) 水野[b] 1989年1月1日
4604 Stekarstrom英語版[a] 1987年9月18日
4748 Tokiwagozen英語版[a] 1989年11月20日
(4941) 1986 UA英語版[a] 1986年10月25日
(4945) 池禅尼[a] 1987年9月18日
4998 Kabashima英語版[a] 1986年11月5日
5240 Kwasan英語版[a] 1990年12月7日
5482 Korankei英語版[a] 1990年2月27日
5507 Niijima英語版[a] 1987年10月21日
5592 Oshima英語版[a] 1990年11月14日
(5724) 1986 WE英語版[a] 1986年11月22日
(5843) 1986 UG英語版[a] 1986年10月30日
6444 Ryuzin英語版[a] 1989年11月20日
(6448) 1991 CW英語版[a] 1991年2月8日
(6967) 1991 VJ3[a] 1991年11月11日[2]
7237 Vickyhamilton英語版[2] 1988年11月3日
7298 Matudaira-gou英語版[a] 1992年11月26日
(7518) 1989 FG英語版[b] 1989年3月29日
(8351) 1989 EH1[b] 1989年3月10日[3]
(9547) 1985 AE英語版[a] 1985年1月15日
9865 Akiraohta英語版[a] 1991年10月3日
(10725) スクナビコナ[a] 1986年11月22日
(11478) 1985 CD英語版[a] 1985年2月14日
(11867) 1989 TW英語版[b] 1989年10月4日
(14357) 1987 UR英語版[a] 1987年10月22日
(16408) 1986 AB英語版[a] 1986年1月11日
(19138) 1989 EJ1[b] 1989年3月10日[4]
(23456) 1989 DB英語版[b] 1989年2月26日
(26830) 1990 BB英語版[a] 1990年1月17日
(32775) 1986 WP2[a] 1986年11月29日[5]
共同発見者:
a  浦田武
b  古田俊正

鈴木 憲蔵(すずき けんぞう、1950年[6] - )は、日本アマチュア天文家[7]愛知県豊田市在住[7]

1984年から1992年にかけて浦田武と共同で42の小惑星を発見した[8]多胡・佐藤・鈴木彗星などの彗星も発見し[7]、小惑星豊田は地元の豊田市から命名[7][9]

小惑星(5526)憲蔵は彼の名に因む。豊田市の生涯学習センターのプログラムに講師として参加、世界最大のプラネタリウムを会場に土星ほかの観察を織り込み、小学生から大人まで天文の解説を行っている。[10]

記録[編集]

我が国アマチュアによる小惑星発見の歴史(「天界」第1012A号(第 90 巻)2009年9A月号より) (発表当時の記録による) (q<1.3 AU)
表2.天文台別、番号登録小惑星(天文台コードのあとの*はアマチュア、+は公立天文台発見)[11]

  • No. 115 / コード 881* Toyota [鈴木憲蔵] / 登録個数 41 命名済 20 未命名 21 命名率 48.8 NEO 0
  • No. 341 / コード 882* JCPM Oi Station [鈴木憲蔵] / 登録個数 1 命名済 1 未命名 0 命名率 100.0 NEO 0

出版物[編集]

書籍

  • 井田三良; 鈴木憲蔵; 竹下育男 (1977). 103aによる散光星雲. Tokyo, Japan: 誠文堂新光社. NCID BN06804673 

定期刊行物

  • 鈴木憲蔵 (1972-04). “スケッチで火星図に挑む”. 天文と気象 (地人書館) 38 (5): 16-23. ISSN 02877201. 
  • 鈴木憲蔵 (1974-04). “読者の観測レポート おもしろかった1973年の火星”. 天文と気象 (地人書館) 40 (5): 28-32. ISSN 02877201. 
  • 鈴木憲蔵 (2009-04-01). 原田昭治、中野主一 (編集). “表紙: ルーリン彗星—OAA Computing and Minor Planet Sections”. 天界 The Heaven (滋賀県: 東亜天文学会) 90 (1007): cover. ISSN 02876906. [12]

雑誌

  • 鈴木憲造 (1982). “連続撮影の紹介”. 月刊天文ガイド (精文堂新光社) (1月号). ISSN 0288-1977. 

参考文献[編集]

  • 小林隆男; 中野主一 (2009). 編集スタッフα (Editorial Board: S. Nakano & his colleagues). “我が国アマチュアによる小惑星発見の歴史”. 天界 The Heaven (滋賀県: 東亜天文学会) 90 (1012A): 546-559. ISSN 02876906. [13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Lista alfabetica degli scopritori di asteroidi”. 小惑星センター. 2010年9月25日閲覧。
  2. ^ 6967”. IAU MPC. 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ 8351”. IAU MPC. 2017年2月5日閲覧。
  4. ^ M.P.C. 102285”. Observer Summary に掲載予定の観測記録 (2017年1月12日). 2017年2月5日閲覧。
  5. ^ 32775”. IAU MPC. 2017年2月5日閲覧。
  6. ^ [1]
  7. ^ a b c d 愛知県に関連した小惑星” (Japanese). Aichi Department of Education. 2011年3月2日閲覧。
  8. ^ Minor Planet Discoverers”. Minor Planet Center. International Astronomical Union (2011年2月19日). 2011年2月3日閲覧。
  9. ^ 3533 Toyota”. JPL Small-Body Database Browser. ジェット推進研究所 (2003年8月29日). 2011年3月2日閲覧。
  10. ^ 豊田市石野町のケース。午前9時頃から昼食を挟むおよそ3時間のコース。平成27年度 石野天文講座”. 石野交流館. 石野町. 2016年10月1日閲覧。
  11. ^ 我が国アマチュアによる小惑星発見の歴史”. 天界 The Heaven. pp. 549–550 (2009年). 2016年12月21日閲覧。
  12. ^ 「天界」90巻第1007号
  13. ^ 「天界」90巻第1012A号