鈴木康明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 康明
生誕 神奈川県
研究分野 臨床心理学
研究機関 東京福祉大学
出身校 筑波大学
プロジェクト:人物伝

鈴木 康明(すずき やすあき、1956年昭和31年) - )は、日本臨床心理学者東京福祉大学心理学部教授、悲嘆学研究所所長[1]、日本カウンセリング学会認定カウンセラー会理事[2]、特定非営利活動法人全国自死遺族総合支援センター副代表[3]。専門は臨床心理学、Death Education (死の準備教育[4]

経歴[編集]

1956年(昭和31年)、神奈川県に生まれる[5]筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻を修了[5]東京外国語大学助教授、国士舘大学教授を経て、現在は東京福祉大学心理学部教授[1]

おもな著書[編集]

単著[編集]

  • 『生と死から学ぶ デス・スタディーズ入門』、北大路書房、1999年 ISBN 4-7628-2163-2
  • 『共感的態度の形成 ホームヘルパーのための心理教育 基礎編』、川島書店、1998年 ISBN 4-7610-0644-7

共著[編集]

編著[編集]

  • 『はじめて学ぶ心理学』、北樹出版、2006年 ISBN 4-7793-0064-9
  • 『生徒指導・進路指導・教育相談テキスト』、北大路書房、2005年 ISBN 4-7628-2433-X

監修[編集]

  • 『いのちの本 1 「いのち」について考えよう!』、学研、2001年 ISBN 4-05-201401-4
  • 『いのちの本 2 「生と死」について考えよう!』、学研、2001年 ISBN 4-05-201402-2

脚注[編集]

  1. ^ a b 研究所について”. 悲嘆学研究所. 2017年8月27日閲覧。
  2. ^ 認定カウンセラー会次期役員および監事”. 認定カウンセラー会. 2017年8月27日閲覧。
  3. ^ 運営体制”. 特定非営利活動法人全国自死遺族総合支援センター. 2017年8月27日閲覧。
  4. ^ 群馬県研究者データベース”. 群馬県企画部新エネルギー推進課. 2017年8月27日閲覧。
  5. ^ a b 鈴木康明 『生と死から学ぶ デス・スタディーズ入門』 北大路書房、1999年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]