鈴木史楼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 史楼(すずき しろう、1940年10月3日 - 1997年8月15日[1])は、書の評論家

東京出身[1]早稲田大学英文科専攻卒。独学書道史を学び、28歳頃から書の評論を始めた。1982年から書の個人批評誌「紅糸」を年3回発行した[1]

著書[編集]

  • 『書と語る―今日の書作家たち』日本美術社、1975
  • 『日本人の書―古典から現代へ』文海堂、1978
  • 『良寛曼荼羅』名著刊行会、1990.9
  • 『中国文人書譜』名著刊行会、1993.1
  • 『百人一書 日本の書と中国の書』新潮社、1995.6
  • 『現代書の冒険者たち』章文社、1995.7
  • 『書のたのしみ方』新潮社、1997.11

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 1997~1999』(日外アソシエーツ、2000年)p.314