鈕先銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈕先銘
No image available.svg
プロフィール
出生: 1912年民国元年)1月3日
死去: 1996年7月11日
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
出身地: 中華民国の旗 中華民国(北京政府)江西省九江府
職業: 軍人・文学者
各種表記
繁体字 鈕先銘
簡体字 钮先铭
拼音 Niǔ Xiānmíng
和名表記: ちゅう せんめい
発音転記: ニウ シエンミン
ラテン字 Niu Hsien-ming
テンプレートを表示

鈕 先銘(ちゅう せんめい)は中華民国の軍人・文学者。日中戦争当時、中国軍教導隊将校として光華門にて日本軍と交戦した。1937年12月13日南京陥落に際し長江河岸の永清寺に僧侶として匿われた。幕府山に収容された捕虜が殺害された現場を目撃し、戦後に『還俗記』に記して公表した。

略歴[編集]

著作[編集]

  • 小説『帰去来兮』1956年
  • 小説『天涯芳草』1965年
  • 自伝『還俗記』1971年、1973年
  • 伝記文学『釈迦牟尼新伝-経典文学研究』1976年
  • 遺稿集『仏門避難記』南京師範大学出版社、2005年

参考文献[編集]

  • 南京事件調査研究会編『南京事件資料集 2中国関係資料編』青木書店、1992年
  • 鈕先銘『仏門避難記』南京師範大学出版社、2005年