金辰明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 辰明
誕生 (1957-08-31) 1957年8月31日(62歳)
大韓民国の旗 韓国 釜山[1]
職業 小説家
言語 韓国語
活動期間 1993年[2] -
ジャンル 小説
代表作ムクゲノ花ガ咲キマシタ
デビュー作 『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』[2]
テンプレートを表示
金辰明
各種表記
ハングル 김진명
漢字 金辰明[3]
発音: キム・ジンミョン
ローマ字 Gim Jin-myeong
英語表記: Kim Jin-myung[3]
テンプレートを表示

金 辰明(キム・ジンミョン、1957年8月31日[2][3]または1958年[1] - )は、韓国釜山(プサン)出身の小説家

民族主義的な大衆小説で知られる。

作品傾向[編集]

極めて強硬かつ権威主義的な民族主義に転んでいる作品がほとんどで、国家主義といっても差し支えがない。

ストーリーもほぼワンパターンで、陰謀論朴正煕(パク・チョンヒ)への憧れ、そして曖昧な民族主義が必須的なアイテムといえる。だが、だいたいの読者には興味の対象として読まれている程度にとまっているほど、両立できない「朴正煕」と「民族主義」を同時に追求しているのが彼の小説の問題点としてよく指摘されている。

経歴[編集]

韓国外国語大学校卒。

作品[編集]

韓国では100万部を売ったベストセラーになった。
北朝鮮と組んで日本に原爆を落とすという内容。
1994年に翻訳本が、徳間書店から上下巻で刊行された。
  • 韓半島(朝鮮半島、한반도)
  • 天よ地よ(하늘이여 땅이여)
韓国の金融危機が内容。
  • かずおの国(가즈오의 나라)
広開土王碑に関する内容
  • 皇太子妃拉致事件(황태자비 납치사건)
日本国皇太子妃皇太子徳仁親王妃雅子が韓国人留学生に拉致されるという内容。
  • korea.com(코리아닷컴)
  • バイ・コリア(바이 코리아)
  • 第3のシナリオ(제3의 시나리오)
  • ギャンブル師(도박사)
  • 薩水(さっすい、살수)
  • 神の死(신의 죽음)
  • 預言(예언)

翻訳[編集]

  • 『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』上、方千秋訳、徳間書店、1994年8月。ISBN 4-19-860149-6
  • 『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』下、方千秋訳、徳間書店、1994年8月。ISBN 4-19-860150-X
  • 『バイ・コリア』琴玲夏訳、ダイヤモンド社、2003年12月。ISBN 4-478-93047-3
  • 『謀略の半島』裴淵弘訳、牧野出版、2006年11月。ISBN 4-89500-097-4
  • 『中国が北朝鮮を呑みこむ日』白香夏訳、ダイヤモンド社、2007年5月。ISBN 978-4-478-00110-3
  • 『預言』舘野皙、大和田清美訳、光言社、2017年12月。ISBN 978-4876562022

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c 인물(人物) Daum(韓国語) 2011年9月4日閲覧。
  3. ^ a b c 김진명 (キム・ジンミョン) chosun.com 포커스 인물 (フォーカス 人物)(韓国語) 2011年9月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]