金森廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金森 廣(かなもり ひろし)は、日本実業家。元サウディ石油化学社長、韓国三菱商事社長。長崎県出身。

経歴・人物[編集]

長崎県立長崎東高等学校を経て、九州大学工学部応用化学科に進学[1][2]。同期には竹下道夫宇部興産社長)がいる[2]1973年に同大学を卒業後、三菱商事入社[2]。同社では化学畑を歩み、1998年サウジ基礎産業公社サウディ石油化学合弁会社であるSHARQに出向、2000年本店ポリエステル原料ユニットマネージャー、2002年台湾三菱商事副総経理、2004年韓国三菱商事社長、2006年本店理事化学品グループCEOオフィス室長を歴任した[2][3]2010年にサウディ石油化学常務となり、2011年3月同社社長に就任[3]。中東協力センター理事も務めた[4]2016年3月に社長を退任。

脚注[編集]

  1. ^ 九州大学新聞 第591号 (PDF)”. 九州大学新聞部 (1969年4月15日). 2016年10月4日閲覧。
  2. ^ a b c d 『新社長登場』=サウディ石油化学 金森廣社長”. 化学工業日報 (2011年4月21日). 2016年10月4日閲覧。
  3. ^ a b サウディ石油化学社長に金森氏”. 日本経済新聞 (2011年3月3日). 2016年10月4日閲覧。
  4. ^ 財団法人中東協力センター 役員(理事・監事)リスト”. 中東協力センター (2011年6月30日). 2016年10月4日閲覧。