金旋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金 旋(きん せん、? - 209年)は、中国後漢末期の人物。元機司隸京兆尹の出身。前漢金日の末裔。子は金禕。『蜀志』先主伝が引く『三輔決録』に記述されている。

事跡[編集]

姓名 金旋
時代 後漢時代
生没年 ? - 建安14年(209年
字・別号 元機
出身地 司隸京兆尹
職官 黄門侍郎・漢陽太守→議郎→

中郎将・武陵太守

爵位・号等 -
陣営・所属等 曹操
家族・一族 祖先:金日磾
子:金禕

代々、漢王朝に仕えていた名族の出身であり、朝廷に仕えて黄門郎・漢陽太守などを歴任した。

その後は議郎、次いで中郎将に任じられた。このとき、中郎将と兼任して武陵太守にも任じられた。赤壁の戦い曹操が敗れると、後に劉度韓玄趙範らは劉備の軍勢に降伏した(『三国志』蜀書先主伝)。しかし他の3太守と異なり、金旋だけは劉備軍に攻められた際に戦死した。因みに、これら荊州南部の太守ら(金旋・劉度・韓玄・趙範)が荊州に土着していたという記録はない。おそらく劉琮降伏後、曹操に派遣された太守である可能性が高い。

218年、子の金禕らは許昌で反曹操の兵を挙げるが失敗、一族を滅亡させてしまった。金禕らが反乱の際に頼りとしたのは、皮肉にも父を討った劉備であった[1]

三国志演義では[編集]

小説『三国志演義』においても武陵太守として登場している。劉備軍の張飛が攻めてきたとき、配下である鞏志の諫言を退け戦ったが敗れ、武陵に逃げ戻る。しかし、鞏志に裏切られ矢で射殺されてしまう。金禕は演義にも登場するが、金旋の子であるとは明言されていない。

脚注[編集]

  1. ^ この時の金禕らの計画は、献帝を擁して許県に籠城し、劉備・孫権の援軍を待つというものだった。