金子辰太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子辰太郎

金子 辰太郎(かねこ しんたろう、1904年明治37年)1月3日[1][2] - 没年不明)は、昭和時代前期の台湾総督府官僚

経歴・人物[編集]

新潟県中頸城郡新井町小出雲(現・妙高市小出雲)に生まれる[1][2]浦和高等学校を卒業[3]1926年(大正15年)京都帝国大学法学部に入学し、在学中の1927年(昭和2年)12月[3]高等試験行政科に合格[1][2]1928年(昭和3年)3月、同大を卒業し、台湾総督府文教局社会課に奉職する[1][2]

ついで高雄州警務課長、花蓮港庁庶務課長、台北州新荘郡守、台南州勧業課長を歴任した[1][2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 台湾新民報社 1937, 57頁.
  2. ^ a b c d e 太田 1940, 423頁.
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、266頁。

参考文献[編集]