金チョル秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「金澈秀」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
金 澈秀
基本情報
ラテン文字 Chol Su Kim
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
生年月日 (1982-09-12) 1982年9月12日(36歳)
選手情報
階級 男子73kg級
テンプレートを表示

金 澈秀(キム・チョルス、1982年9月12日 - )は北朝鮮の男子柔道家。身長173cm[1][2]

来歴[編集]

2008年の北京オリンピック73kg級では3回戦で敗れた[1]

2009年の世界選手権では決勝で韓国の王己春に敗れるも銀メダルを獲得した[2]

主な戦績[編集]

脚注[編集]