野見金山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野見金山
Gthumb.svg
画像募集中
標高 179.9 m
所在地 日本の旗 日本
千葉県長生郡長南町市原市
位置 北緯35度21分51.4秒
東経140度12分33.7秒
座標: 北緯35度21分51.4秒 東経140度12分33.7秒
野見金山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

野見金山(のみがねやま)は、千葉県長生郡長南町水沼にある標高179.9mの山である。房総丘陵の山の一つである。

概要[編集]

長生郡長南町(外房)と市原市(内房)の境界に位置する。

2004年に長南町によって野見金公園として整備され、サクラアジサイの咲く公園になった。近年では、毎年6月に同町で開催される「花めぐり」のスポットの1つとなっている。内房(養老川水系)と外房(一宮川水系)の分水嶺に立地しているため、九十九里浜茂原市街、京葉工業地帯の煙突、東京スカイツリーの眺望が見られ、「スカイツリーの見える丘」の看板が公園内に設置されている。市原市側は、大千葉カントリー倶楽部となっている。

ユートピア笠森(現在閉鎖)が岩撫地先に立地していた。施設は現在も残されている。この山の直下を首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の笠森鶴舞トンネルが貫いており、千葉県の道路で最長のトンネル(全長2420m)となっている。

交通アクセス[編集]

高速道路での最寄りインターチェンジは首都圏中央連絡自動車道(圏央道)茂原長南インターチェンジとなる。公共交通機関でのアクセスは非常に不便である。