野田努

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野田 努(のだ つとむ、1963年7月 - )は日本音楽ライター編集者。特にテクノの分野での活動で知られる。静岡県静岡市出身。

経歴[編集]

同郷ということで学生時代から石野卓球らと交流があり、弟が人生に「くちづけ」の芸名で参加していた。 かつてはマッチ売りの少年というバンドでボーカルを務めていたこともある。

テクノミュージックに古くから関わっていた。NTTでのティモシー・リアリーのイベント主催などマルチな方面で活躍する。1990年半ばなると、日本でテクノミュージックが一気に流行していき、その活動の幅も大きく広がった。また日本のテクノレーベルの草分け的存在であるフロッグマンレコーズの設立初期メンバーにもその名を連ねている(方向性の違いで脱退)。

1995年には日本初のテクノの専門誌『ele-king』を出版。当初はテクノを中心としたエレクトロニック・ミュージックを掲載していたが、途中からDJシャドウDJクラッシュフィッシュマンズトリッキーなど幅広いミュージシャンを取り扱うようになる。『ele-king』が2000年に廃刊になった後はクラブミュージックを扱う雑誌『remix』のスーパーバイザー、後に編集長に就任している。

2010年に『ele-king』を復刊させ、WEB版の編集長をつとめ、季刊誌となった紙版の編集を三田格松村正人らと手がける。

アンダーグラウンド・レジスタンスなどの海外のミュージシャンと親交がある。デリック・メイ1995年のアルバム「イノベイター」は野田の企画により当初日本でのみ発売された。

著書[編集]

出演[編集]

外部リンク[編集]