野村実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野村實から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
野村 實
のむら みのる
生誕 (1922-04-16) 1922年4月16日
日本の旗 日本
滋賀県彦根市
死没 (2001-05-18) 2001年5月18日(79歳没)
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg大日本帝國海軍
軍歴 1942年 - 1945年
最終階級 海軍大尉
除隊後 防衛庁防衛研修所戦史室戦史編纂官等
テンプレートを表示

野村 実(野村 實 のむら みのる、1922年(大正11年)4月16日 - 2001年(平成13年)5月18日)は、日本の海軍軍人軍事史研究者。専門は日本海軍史。

経歴[編集]

滋賀県彦根市生。旧制彦根中学校を経て海軍兵学校入校(第71期)。1942年(昭和17年)卒業(次席)。

空母「瑞鶴」、戦艦「武蔵」乗組、軍令部第1部付(作戦記録係)で太平洋戦争を経験、海軍兵学校教官で終戦を迎える。

終戦後は復員庁極東国際軍事裁判海軍被告人弁護事務を担当。海軍大尉の経歴のため公職追放となる[1]。その後防衛庁防衛研修所(のち防衛研究所)で、戦史室戦史編纂官として『戦史叢書』の編纂に従事する(この作業に前後して慶應義塾大学大学院文学研究科に出向、専門的な歴史研究について清水潤三に師事。1983年(昭和58年)文学博士の学位を取得)。1984年3月 慶應義塾大学 文学博士 論文の題は「太平洋戦争と日本軍部の研究」[2]

1979年(昭和54年)防衛研修所第2戦史研究室長。1983年防衛大学校教授。その後名古屋工業大学教授、愛知工業大学客員教授、軍事史学会会長などを務め、2001年(平成13年)没。

著書『日本海海戦の真実』では、秋山真之の作戦上での貢献に異論を唱えている。

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

編纂史料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年448頁。NDLJP:1276156 
  2. ^ 博士論文書誌データベースでは1984年とある

関連項目[編集]