野島断層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野島断層
野島断層
野島断層

野島断層(のじまだんそう)は、兵庫県淡路市にある活断層。一部が保存され文部科学省によって天然記念物に指定されている。

長さは淡路島の北西部・旧北淡町の北端、江埼灯台付近から富島地区までの約10kmにわたり、六甲山より淡路島に至る六甲・淡路島断層帯の一部にあたる。1975年地質図に活断層として記載された[1]

地震活動と断層の隆起[編集]

1995年平成7年)1月17日午前5時46分に発生した兵庫県南部地震は六甲・淡路島断層帯が活動したために起こったもので、中でも構成断層のひとつである野島断層は震源に最も近い断層である。地震発生の際には断層南東側が南西方向に約 1m - 2m 横ずれし(横ずれ断層)、同時に南東側が約 50cm - 1.2m 隆起して逆断層となっている(一部、野島蟇浦地区では北西側が 20 - 40cm 程度隆起)。この際に変位した断層面が地表に露出した。

この断層による破壊状況が最も顕著であった旧北淡町小倉地区(現・淡路市小倉地区)には1998年(平成10年)に「北淡町震災記念公園(現・北淡震災記念公園)」がオープンした。公園内に「野島断層保存館」が設けられ断層の一部が保存されている。この年の7月31日に国の天然記念物に指定された。また、神戸市長田区にあった通称「神戸の壁」も同施設に移転し公開されている。なお、2011年(平成23年)8月22日には入館者数が800万人目を迎えており、淡路島有数の集客施設にもなっている。

過去の活動歴[編集]

断層面の掘削調査により最近の2万年間で20mの変位を確認した。また、梨本地区の掘削調査により約1100〜2400年前というデータが得られ、前回の活動時期は約2000年前と推定された[2]。また、1596年慶長伏見地震の割れ残りと考える説もある[2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 図解雑学 地震 (PDF) 著:尾池和夫 2001年12月26日 出版:ナツメ社
  2. ^ a b 震災後の活断層調査結果から見た兵庫県南部地震の予測性について 京都大学防災研究所 (PDF) 地震予知連絡会 会報第67巻

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度32分58秒 東経134度56分15秒 / 北緯34.54944度 東経134.93750度 / 34.54944; 134.93750