野坂龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野坂 龍(のさか りょう、1896年明治29年)9月28日 - 1971年昭和46年)8月10日)は日本社会運動家。夫は日本共産党議長を務めた野坂参三

経歴[編集]

兵庫県出身。旧姓は葛野。

東京女子高等師範学校(現:お茶の水女子大学)卒業。1919年、野坂参三と結婚。日本労働総同盟(総同盟)婦人部で活動し、1923年日本共産党に入党。産業労働調査所で実務を担当。1928年三・一五事件逮捕起訴1931年、参三とともにソビエト連邦に渡り、モスクワ放送局に勤務。東方勤労者共産大学に在籍。

1947年1月16日帰国[1]。のち党中央委員・婦人部長となった[2]1950年6月6日連合国軍最高司令官総司令部により公職追放[3]1955年10月29日婦人民主クラブ第68回中央委員会において、党の「五〇年問題」で自己批判[1]1960年3月8日国際婦人デー50周年記念中央集会で、市川房枝山川菊栄とともに運動史を語った[1]

姉婿は内務官僚次田大三郎[4]。甥にモロゾフの社長を務めた葛野友太郎がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]