都築弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

都築 弘(つずき ひろむ、1946年1月12日 - )は、日本裁判官法務省大臣官房訟務総括審議官や、札幌地方裁判所所長を経て、東京高等裁判所部総括判事を最後に定年退官し、中央労働委員会会長代理を務めた。

人物・経歴[編集]

名古屋大学法学部卒業。名古屋大学大学院法学研究科修士課程修了後、1973年名古屋地方裁判所判事補東京地方裁判所判事法務省訟務局民事訟務課長、法務省訴務局総務課長。法務省大臣官房参事官、東京地方裁判所部総括判事、法務省大臣官房訟務総括審議官札幌地方裁判所所長を経て、2011年東京高等裁判所部総括判事を最後に定年退官し、のち中央労働委員会会長代理を務めた。2016年瑞宝重光章受章[1]

裁判[編集]

著書[編集]

出典[編集]


先代:
山崎潮
法務省訴務総括審議官
2001年 - 2005年
次代:
大竹たかし
先代:
門野博
札幌地方裁判所長
2005年 - 2007年
次代:
山崎学