都家文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月

都家 文雄(みやこや ふみお、1893年3月1日 - 1971年5月4日[1])は大正昭和期の漫才師。本名・苗村 正次[1]

世相を槍玉に上げては、とんちんかんな難癖を付ける「ぼやき漫才」の創始者[2]。漫才コンビ「都家文雄・静代」および、「都家文雄・荒川歌江」での活動が最も知られる。それぞれのコンビにおける立ち位置は向かって左。

略歴[編集]

滋賀県三上山の麓に生まれる。父は興行師だったとされる[2]落語家を志し、1912年に桂三路(後の2代目三遊亭圓若)門下で桂歌路を名乗る[1]。同年、神戸新開地千代廼座で初舞台。落語家時代は、端席で出ることが多かった。24歳のときに、のちに相方となる都家静代と結婚。

大正に入ると、上方落語は凋落期に入った。当時の落語家は所属事務所から漫才師への転身をすすめられる事例が多かった[3]。歌路も例外ではなく、1921年[4]に「都家文雄」に改名し、漫才師に転身。都家美智代と組んだ(都家文雄・美智代)。その後1926年より、妻の静代とコンビを組む(都家文雄・静代)。

文雄・静代は「文化漫才」と自称し、文雄の批判精神あふれる毒舌がうけ、その語り口から「ぼやき漫才」と呼ばれるに至った[4]。文雄の「ぼやき」は時に政界を対象にした。そのため怒りを買うことが多く、「内容が不適当である」として、警察の事情聴取や勾留をしばしば受けたという[4]。あるときには、警察は文雄の体面を重んじ、「ボヤキ漫才はまかりまらん。“社会教化漫才”と言え」と命じて釈放したという[4]

妻で相方の静代が1956年に死去したのち、文雄は芦乃家雁玉とのコンビを経て、1960年より荒川歌江と組む(都家文雄・荒川歌江)かたわら、漫談を行った[1]。歌江は、とどまることを知らない文雄のぼやきを止めるのに苦労したという[2]

晩年は関西演芸協会会長を長く務めた[1]1970年6月、歌江と組んだ神戸松竹座が最後の舞台になった[2]

墓所は一心寺

受賞歴[編集]

一門[編集]

弟子に人生幸朗・生恵幸子都家文路都家文広東文章・こま代らがいる。「ぼやき漫才」の芸風は弟子の幸朗・幸子、文章・こま代らが受け継いだ。

芸風[編集]

  • 戦前戦中の暗い時代にあっても文雄は臆することなくぼやき続けた。1944年大阪市立動物園のチンパンジー・リタの戦時猛獣処分が行われ、彼女の葬儀に大阪市長が出席した際には、「“英霊”が毎日のように白箱に収められて還ってくるというのに(引用略)人間よりサルのほうが大切なのか」と吠えた[4]
  • 戦争や検閲の時代が終わり、晩年に至るにつれ、文雄のぼやきは時評・文明評に及んだ。1969年アポロ11号が月面着陸に成功した際には、「わたしらの子どもの頃は、マンマンさんいうて拝んでたもんや。それがどないです。テレビで見てたらアメリカの旗が立って……。アホらして拝めますか?」とぼやいてみせた[4]

メディア[編集]

映画[編集]

音源[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 都家 文雄(ミヤコヤ フミオ) コトバンク - 日外アソシエーツ編『20世紀日本人名事典』(日外アソシエーツ、2004年)および日外アソシエーツ編『新撰 芸能人物事典 明治~平成』(日外アソシエーツ、2010年)より引用
  2. ^ a b c d 澤田隆治『上方芸能列伝』文春文庫、1996年 ISBN 4-16-738803-0
  3. ^ 桂米朝米朝口まかせ 漫才へ転向 噺家の数が減った(キャッシュ)朝日新聞、2006年07月11日
  4. ^ a b c d e f 木津川計『上方の笑い』 講談社現代新書、1984年 pp.36-38