郵便貯金秋田センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郵便貯金秋田センター
郵便貯金秋田センター (2013年9月)
情報
旧名称 秋田地方貯金局
秋田貯金事務センター
用途 事務所
建築主 郵政省
階数 地上5階
所在地 010-8794
秋田県秋田市中通二丁目2番15号
座標 北緯39度43分0.25秒
東経140度7分29.36秒
備考 入口の階段から向かって左側の小さなプレハブ小屋は、窓口時間外も利用可能な、ゆうちょ銀行秋田店前出張所(店舗内ATM扱い)。
テンプレートを表示
ゆうちょ銀行 秋田店
施設情報
正式名称 ゆうちょ銀行仙台支店秋田出張所
局番号 86300
取扱店番号 863000
併設施設 ゆうちょ銀行仙台支店秋田出張所(ATM)
所在地 010-0001
秋田県秋田市中通二丁目2番15号
テンプレートを表示

郵便貯金秋田センター(ゆうびんちょきんあきたセンター)は、秋田県秋田市中通二丁目にあった、郵便貯金に関する事務を行っていた機関。2007年平成19年)10月1日郵政民営化に伴い、ゆうちょ銀行秋田地域センターに転換した(地域センターは、2016年4月1日付けで、ゆうちょ銀行秋田パートナーセンター改組)。

概要[編集]

太平洋戦争の激化に伴い、空襲から東京貯金支局が保管していた恩給原簿を守る目的で、1945年7月に秋田市女子実業学校内に秋田貯金支局として開局。秋田市牛島国民学校に分室を設け恩給給与支給事務および郵便振替貯金口座所官庁として開始した。1945年10月、恩給給与支給事務は東京貯金支局に移管。山形貯金支局から秋田県記号の郵便貯金および証券保管事務を移管されると伴に、貯金課と証券課を設置した。翌年の1946年1月、秋田市川尻町字総社前にあった旧東北重工業株式会社合宿所を買い取り、局舎を移転。1957年2月に旧秋田市立久保田中学校跡地の一角に新局舎を建設し、移転した。

2012年7月17日現在、全国で2箇所しかない、ゆうちょ銀行単独拠点(厳密には、同一建物内に郵便局が併設されていない拠点)である。

ATMコーナーは窓口フロア内に設置されているため、窓口営業時間外は、外にある「ゆうちょ銀行秋田店前出張所」ATMを利用する形となる。

沿革[編集]

組織[編集]

秋田地方貯金局[編集]

1983年時点[5]

  • 局長
  • 次長
  • 管理課
    • 人事係
    • 管理係
    • 業務係
    • 監査係
    • 厚生係
  • 会計課
    • 会計係
    • 庁舎係
  • 第一貯金課
    • 計画係
    • 照査係
    • 計理係
    • 審査係
  • 第二貯金課
    • 調査係
    • 第一原簿係
    • 第二原簿係
    • 第三原簿係
    • 振替係
    • 加入係
    • 口座係


秋田貯金事務センター[編集]

2002年時点[6]

  • 所長
  • 総務課
    • 総務係
    • 業務企画係
    • 営業情報企画係
    • 会計庁務係
    • 郵便貯金相談室
  • データ入力課
    • 計画係
    • 総括計理係
    • 財形積立係
    • 調査係
  • 貯金課
    • 計画係
    • 貯金総合係
    • 申込書係
    • カード係
    • 自振給与係


郵便貯金秋田センター[編集]

2006年時点[7]

  • 所長
  • お客さまサービス課
    • 相談係
    • 第一業務指導係
    • 第二業務指導係

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「全逓秋田運動史」編纂委員会編 『全逓秋田運動史』 全逓信労働組合秋田地区本部 1994年8月20日発行
  2. ^ a b c d e 秋田市大事典編集委員会編『秋田市大事典』p53 国書刊行会 昭和61年11月20日発行
  3. ^ 無明舎出版編 『秋田県近代総合年表』p270 無明舎出版 1988年3月1日発行
  4. ^ 「暮らしの相談窓口新設」『広報あきた』1395号 1996年10月11日発行
  5. ^ 『秋田魁年鑑 1984年版』p450-451 秋田魁新報社 昭和58年10月20日発行
  6. ^ 『秋田魁年鑑 2003年版』p402 秋田魁新報社 2002年8月31日発行
  7. ^ 年鑑編集委員会編『秋田魁年鑑 2007年版』p433 秋田魁新報社 2006年9月1日発行

外部リンク[編集]