遠山あき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠山 あき(とおやま あき、1917年10月24日[1] - 2015年10月28日[2])は、日本の作家。

千葉県生まれ。千葉県女子師範学校千葉大学の前身のひとつ)卒。同人誌『槇』に所属して小説を書く。1977年「雪あかり」で千葉文学賞、1979年『鷺谷』で農民文学賞受賞。1994年藍綬褒章受勲。農民文学会会員。

著書[編集]

  • 『乳房よ土に哭け』山手書房 1982
  • 『鷺谷』元就出版社 1986
  • 『風のうた 房総の野に生きて』崙書房 ふるさと文庫 1989
  • 『流紋』千葉日報社 1989
  • 養老川雑記 風のうた・Ⅱ』崙書房出版 ふるさと文庫 1992
  • 『小湊鐵道の今昔 レールは人生を乗せて』崙書房出版 2004
  • 『平太郎のシベリア抑留ものがたり』たけしま出版 2004
  • 『紫陽花寺遺聞』崙書房出版 2011
  • 小湊鉄道のあけぼの (流紋) 改訂版』千葉日報社 2013

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2015
  2. ^ 『文藝家協会ニュース』2015年11月