道光法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
道光法親王
続柄 後陽成天皇第十一皇子

身位 二品・法親王
敬称 殿下
出生 慶長17年3月8日1612年4月8日
死去 延宝6年6月18日1678年8月5日)(享年67)
父親 後陽成天皇
母親 古市胤子
役職 聖護院第28世門跡
園城寺長吏
照高院門跡
テンプレートを表示

道光法親王(どうこうほっしんのう、慶長17年3月8日1612年4月8日) - 延宝6年6月18日1678年8月5日))は、江戸時代前期の法親王・学僧。父は後陽成天皇。母は三位局(古市)清原胤子

略歴[編集]

1621年元和2年)に聖護院に入室し、1625年寛永2年)に落飾、1626年(寛永3年)に親王宣下を受け、聖護院第28世門跡となった。1630年(寛永7年)二品に叙せられ、その後園城寺長吏・天皇の護持僧となった。1658年万治元年)ごろ京都白川照高院に移って照高院門跡となり堂宇を復興した。茶道にも通じていた。

外部リンク[編集]