通用亭徳成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

通用亭 徳成(つうようてい とくなり、明和6年(1769年)‐没年不明)とは江戸時代豪商狂歌師戯作者

来歴[編集]

下野国で釜屋という小間物屋をしていた。4代目善野喜兵衛を称す。天保8年(1837年)に合巻『敵鰹差身之業物』(歌川芳虎歌川芳升歌川芳宗画)を著したほか、安政3年(1856年)に狂歌本『都賀のやままつ』(山形素真画)を編著している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 市古貞次編 『国書人名辞典』第3巻 岩波書店、1996年